2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

鉄道

2016年12月19日 (月)

京都鉄道博物館(その6)

京都鉄道博物館最終回です。

最後は扇形車庫へ

その前に扇形車庫に向かう際、構内に留置されていたDE10を

_dsc6147
DE10-1118号機

原色DE10ですね~、北海道にもまだ現存してますがかなり少数となってます。

_dsc6150
DE10-1156

詳しくは知りませんが嵯峨野ノロッコ号牽引機の予備機のようです。

さて本題です。


_dsc6154
梅小路機関区扇形車庫

北海道では苗穂の扇形車庫が解体されてしまったようですね。
北海道の鉄道を支えた鉄道遺産だと思うのですが・・・

_dsc6173
最近はトーマス人気もあって子供が多かったです。

SLは詳しくないので車庫左から順に並べていきます。

_dsc6157


_dsc6156
C62-2

_dsc6158
C62-2と言えばこの燕マークですね。

_dsc6161
C56-160

SL北びわこ号のHMが付けられ点検中でした。

_dsc6159


_dsc6163

_dsc6162
D51-1、C62-1

_dsc6168
C58-1、D50-140

_dsc6167
D50-140、D52-468、C59-164

_dsc6164
C59-164、C53-45、C51-239

構内を走っているSLスチーム号、C61-2

_dsc6175


_dsc6178


_dsc6152

車庫横にはオハフ50-68が休憩所として使われてます。
レッドトレインも懐かしいです。

_dsc6153
オハフ50-68

この後は本館3階スカイテラスへ

_dsc6179
スカイテラスから京都駅方向

_dsc6184
SL北びわこ号のHMを掲出した12系客車がEF65に牽引され回送されてました。

_dsc6181
東海道新幹線

東海道新幹線、東海道本線、山陰本線の列車が次から次へと通過するので結構飽きずに見ていられます。

結局4時間ちょっと見て京都博物館を後にしました。

大宮と京都を比べると展示車両の撮影のし易さ、展示方法は大宮に軍配、しかし大宮にはトワイライト、扇形車庫のSL群はないのでそこは京都ですね。

京都鉄道博物館は本館展示車両の周辺に子供が遊べる場所やパンタグラフの昇降体験、鉄道のお仕事体験などがあり、子供を見ている保護者が沢山居たり、体験順番を待つ列が出来ていたりと、見学する動線を塞ぐ感じになるので混んでいると移動し難かったり、他の見学者が写り込み易いのが難点・・・

そういった体験施設などがすべて2階にあればすっきりすると思うのですが・・・

2016年12月18日 (日)

京都鉄道博物館(その5)

引き続き京都鉄道博物館です。

今日は本館2階です。
2階にはJR貨物の展示物や運転シミュレーター、鉄道ジオラマなどがありますがごく一部を掲載します。

2階から1階を見下ろします。

_dsc6137

_dsc6140

大宮より見渡せる範囲が狭いのが今一な感じ・・・

壁にはSLのプレートがずらりと並んでました。

_dsc6138


_dsc6139
鉄道ジオラマ

生活と鉄道エリアには昔のマルスが展示してありました。

_dsc6141

左上を見ると北海道が開かれていたのでよく見ると、今はなき天北線鬼志別、浜頓別、羽幌線小平、遠別などの表示は見えます。石勝線現トマム駅は石勝高原となってます。

_dsc6142

企画展示室ではTHE SLEEPER TRAIN~寝台列車の軌跡~が開催されていました。
トワイライトエクスプレスの車掌制服、食器などや西日本を走った寝台特急などのHM、寝台客車の図面などが展示されていました。
こちらは来年1月31日まで開催されています。

_dsc6187


_dsc6188


_dsc6189


_dsc6193


_dsc6190


_dsc6191


_dsc6192


_dsc6194


_dsc6196

次回は扇型車庫です。

2016年12月17日 (土)

京都鉄道博物館(その4)

仕事や忘年会でまたまた更新出来ませんでした。

昨日JR北海道から来年3月4日のダイヤ改正について発表がありましたが、それについては後日と言うことで・・・

その前に京都鉄道博物館の続きを・・・
今回は本館です。

本館正面入り口を入るとこの3形式が展示されてます。

_dsc6115
500系、W1編成先頭車521-1

W1編成は営業運転前の試運転も見ましたし、出張などで何度か乗車した編成です。

_dsc6113
クハネ581-35

581系は初めて見たような・・・
583系は何度も見ているのですが

_dsc6112
クハ489-1

本館を右奥に進むと

_dsc6125
100系、122-5003

100系は高校の修学旅行で東京~京都往復で乗車したのが最初で最後、2階立て車両が印象的でした。

_dsc6118
キハ81-3

_dsc6136
キハ81-3の車内

キハ81も初めてお目に掛かる車両でした。

キハ81の前にはこんなものが

_dsc6117
DF200+タキの模型が・・・

今や北海道では見れなくなったタキレ編成、コキではなくタキというところが良いですね。

そしてこちら

_dsc6131
DD51-756号機

原色DD51sign03
旋回窓でないのが残念ですがやっぱりDD51は良いです。
当日は「出雲」のHMが取り付けられてました。

_dsc6135

DD51の前にある階段を上がってもう1枚

DD51の下には通路があり、機関車の床下を見ることが出来ます。

_dsc6130
DD51の推進軸

DD51の隣にはEF65が展示されてます。

_dsc6127

_dsc6128
EF65-35号機

当日は「富士」のHMが取り付けられてました。

寝台特急牽引機ならどちらかと言うと私はEF65-1000番台の方が好きなのですが・・・

更に奥に進みます。

_dsc6109
オハ46-13

懐かしい旧客、北海道ではSLニセコ号が旧客編成でしたが、それも運転されなくなり、残るSL釧路湿原号も14系での運転なので走行するシーンを見ることがなくなりました。

子供の頃は当たり前のように釧網本線で見ていたのですが・・・

そしてここでまたトワイライトエクスプレスの客車が登場します。

_dsc6105
オハ25-551

こちらも第1編成のサロンカー

_dsc6101
方向幕は札幌行

奥には

_dsc6103
電源車のカニ24-12

_dsc6108
カニ24-12の発電用ディーゼルエンジン

すべての車両は撮影出来ませんでしたがざっくりと本館の紹介でした。

次回は本館2階です。

2016年11月29日 (火)

京都鉄道博物館(その3)

トワイライトプラザの続きです。

トワイライトエクスプレスの隣に展示されているのがこちら

_dsc6086
EF58-150号機

_dsc6087


_dsc6081
オロネ24-4

_dsc6078
方向幕は特急日本海大阪行

_dsc6080

オロネ24は急行銀河で利用したのが最初で最後でした。
寝台特急日本海のように長時間乗車してみたかったです。

で、客車はこれだけなんですよね~
二段ハネも展示して欲しいところです。

_dsc6058
EF65-1号機

反対側にはEF65-1が展示されてます。

今日は簡単にこの辺で・・・
次回は本館1Fに進みます。

2016年11月28日 (月)

京都鉄道博物館(その2)

昨日からの続きです。

プロムナードから本館へは向かわず視界に入ったトワイライトプラザへ直行しました。

今回一番見たかったのがトワイライトだったのですよね~

何故ならば、平成20年1月に実際乗車した第1編成1号車スロネフ25-501が展示してあるからです。

その時の乗車記はこちら

_dsc6098


_dsc6089
EF81-103号機

_dsc6092

昭和49年製だったのですね。綺麗に塗装し直されているのでそうは見えませんが42年前の製造とは・・・

EF81の後部にはスシ24-1が

_dsc6099

手前から4番目の窓の席でパブタイム、一番手前の窓の席で朝食を食べたのが思い出されます。

_dsc6064

_dsc6198
スロネフ25-501

そして大阪から札幌まで乗車したスロネフ25-501
札幌在住時、千歳線などで何度となく走行しているのを見た車両は目の前に展示されているのはなんか不思議な感じでした。

車内に入れないのが残念です。

_dsc6065

実際に乗車した1号車5番ロイヤルの窓

こちらは昭和51年製、平成元年に改造、ピカピカの車体を見るとまだまだ走れそうですが、昭和51年製ですからもう40年前ですもね~

トワイライトの車両はこのあとも出て来ます。
次回はトワイライトの隣に展示されているEF58などを載せる予定です。

2016年11月27日 (日)

京都鉄道博物館(その1)

久々の更新です。

8月に続き、9月に北海道へ帰省したのですが石北本線の台風被害で石北臨時貨物は走らずで鉄はなしでした。

さて、久々の鉄活動をしてきたのでしばらく連載しようかと・・・

それはこちら

_dsc6207

今年4月にオープンした京都鉄道博物館へようやく行って来ました。

入館料は大宮の鉄道博物館が1,000円に対し1,200円とちょっと高めです。

入館するとすぐプロムナードになります。
今回はこのプロムナード編を・・・

土曜日と言うこともあって入館者が多く、他の入館者が写り込まないようにするため撮影するのに15分待ちなんてこともありましたが仕方ないですね。
帰宅後、画像を確認して他の入館者の顔がはっきり分かるものについては掲載していません。

_dsc6206
C62 26号機

C62の後ろにはマロネフ59-1、スシ28-301があるのですが、入口から本館への動線となっているため、他の入館者が写り込んでしまうので写真はなしです。

_dsc6202
クハ86-1

後ろにはモハ80-1が連結されています。

更に奥にはナシ20があり、こちらでは駅弁が販売され車内で食べることが出来ます。ナシ20はDD54と連結されていましたが、駅弁を購入する方と運転台見学の方が並んでいて掲載出来る写真の撮影は不能でした。

_dsc6204
0系新幹線

展示されているのは前後に先頭車、グリーン車と普通車の中間車それぞれ1両の4両編成

反対側の先頭車は運転台に入れるので沢山の方が並んでいたので写真はなしです。

次回はトワイライトプラザ編を予定しています。

2015年9月11日 (金)

鉄道博物館(その2)

次回と言いながら2週間ほど経ってしまいました。
ブログの更新がままならず申し訳ありません。

さて、まったく鮮度のない記事ですが続きです。
特に説明も必要ないと思うのでザクッと写真を掲載したいと思います。

今回は電車編です。

_dsc5754
クハ181-45

_dsc5786
クハ181-45の車内

この国鉄車という内装、座席が良い感じです。

_dsc5766
クハ481-26

_dsc5770
モハ484-61の車内

_dsc5790
455系

_dsc5772

外に出ると183系がランチトレインとして展示されてました。

_dsc5773
クハ183-1020

_dsc5775
クハ183-1009

絵入りヘッドマークが良いですね~
最近はヘッドマークがなかったりあってもLEDだったり寂しい感じがします。
ひらがな表記なのも良いですね。

外は暑いので早々に屋内に戻って客車編です。

_dsc5757
ナハネフ22-1

20系客車の実物は初めて見たような・・・
20系客車は子供の頃憧れだったんですようね~

当時は寝台特急「あけぼの」、寝台急行「銀河」、「天の川」、「新星」などが20系で運転されていたと思います。

_dsc5787

窓には隣のクハ181が・・・
昔の上野駅はこんな光景だったのでしょうね。

_dsc5781

折戸に貼ってある「手であけてください」がなんとも懐かしい。

残念ながら車内には入れないので窓から車内を

_dsc5756


_dsc5782

3段寝台も懐かしいです。
私は旧客寝台時代の急行まりもで1度利用しましたが結構窮屈だったような。
それでも横になって寝れるのは良かったです。

_dsc5792
オハ31-26

ラストは

_dsc5793
マイテ39-11

_dsc5794

_dsc5795
マイテ39-11の車内

滅茶苦茶に豪華な装飾でした。こちらも車内には入れません。

他の方は写り込まないように撮影していたのでかなり時間が掛かってしまい次の予定もあったのでこれで鉄道博物館を後にしました。

他にも展示されている車両もあったのですが涼しい時期にまたゆっくりと来てみたいと思います。

2015年8月30日 (日)

鉄道博物館(その1)

昨日の続きですが、今回の東京行きの目的はタイトルの通り鉄道博物館です。

以前から行ってみたかったんですよね~
札幌から急行はまなす~東北新幹線、鉄道博物館を見学して寝台特急北斗星ロイヤルで札幌に戻ると言うのが夢だったのですが結局現実とはならずでした。

さて、立川から武蔵野線経由で大宮へ
途中北海道では見れなくなったタキレが・・・

当日は土曜日でしたがそこまで混み合ってませんでした。

_dsc5778


_dsc5747

真ん中に展示されているEF55を撮影してふと右後ろのC57を見ると

_dsc5749

区名札が「岩」sign03
と言うことは岩見沢機関区ですよねと説明文を見るとやはりでした。

_dsc5748

北海道で最後に旅客運転されたSLなのですね。知りませんでした。
ここに来て北海道に関係する車両に出会えるとは・・・

_dsc5750
C57-135

今回は機関車を中心に書いていきます。

_dsc5751
EF58-89

_dsc5759
_dsc5765
ED75-775

_dsc5763
EF65-11

貨物機も展示されてました。

で、このEF65に連結されているコキなんですが

_dsc5764
コキ50000

よく見ると

_dsc5760
発駅が札幌貨物(タ)、到着駅が梶ヶ谷(タ)になってます。

発駅が札幌貨物(タ)とはなんか嬉しくなります。

更によく見ると
これはビックリしました。

_dsc5761

なんと輪西派出sign03
まさかここで輪西派の文字を見れるとはhappy01

今日は簡単にここまでにして次回は旅客列車編です。

LINK

無料ブログはココログ