2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 留萌本線 留萌~増毛間廃止 | トップページ | 京都鉄道博物館(その5) »

2016年12月17日 (土)

京都鉄道博物館(その4)

仕事や忘年会でまたまた更新出来ませんでした。

昨日JR北海道から来年3月4日のダイヤ改正について発表がありましたが、それについては後日と言うことで・・・

その前に京都鉄道博物館の続きを・・・
今回は本館です。

本館正面入り口を入るとこの3形式が展示されてます。

_dsc6115
500系、W1編成先頭車521-1

W1編成は営業運転前の試運転も見ましたし、出張などで何度か乗車した編成です。

_dsc6113
クハネ581-35

581系は初めて見たような・・・
583系は何度も見ているのですが

_dsc6112
クハ489-1

本館を右奥に進むと

_dsc6125
100系、122-5003

100系は高校の修学旅行で東京~京都往復で乗車したのが最初で最後、2階立て車両が印象的でした。

_dsc6118
キハ81-3

_dsc6136
キハ81-3の車内

キハ81も初めてお目に掛かる車両でした。

キハ81の前にはこんなものが

_dsc6117
DF200+タキの模型が・・・

今や北海道では見れなくなったタキレ編成、コキではなくタキというところが良いですね。

そしてこちら

_dsc6131
DD51-756号機

原色DD51sign03
旋回窓でないのが残念ですがやっぱりDD51は良いです。
当日は「出雲」のHMが取り付けられてました。

_dsc6135

DD51の前にある階段を上がってもう1枚

DD51の下には通路があり、機関車の床下を見ることが出来ます。

_dsc6130
DD51の推進軸

DD51の隣にはEF65が展示されてます。

_dsc6127

_dsc6128
EF65-35号機

当日は「富士」のHMが取り付けられてました。

寝台特急牽引機ならどちらかと言うと私はEF65-1000番台の方が好きなのですが・・・

更に奥に進みます。

_dsc6109
オハ46-13

懐かしい旧客、北海道ではSLニセコ号が旧客編成でしたが、それも運転されなくなり、残るSL釧路湿原号も14系での運転なので走行するシーンを見ることがなくなりました。

子供の頃は当たり前のように釧網本線で見ていたのですが・・・

そしてここでまたトワイライトエクスプレスの客車が登場します。

_dsc6105
オハ25-551

こちらも第1編成のサロンカー

_dsc6101
方向幕は札幌行

奥には

_dsc6103
電源車のカニ24-12

_dsc6108
カニ24-12の発電用ディーゼルエンジン

すべての車両は撮影出来ませんでしたがざっくりと本館の紹介でした。

次回は本館2階です。

« 留萌本線 留萌~増毛間廃止 | トップページ | 京都鉄道博物館(その5) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596655/64637254

この記事へのトラックバック一覧です: 京都鉄道博物館(その4):

« 留萌本線 留萌~増毛間廃止 | トップページ | 京都鉄道博物館(その5) »

LINK

無料ブログはココログ