2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 旭川から釧路へ | トップページ | SL冬の湿原号乗車 »

2015年1月30日 (金)

釧路貨物駅へ

昨日続きを書こうと思っていたのですが、残業で帰宅したのが23時過ぎ、更新出来ませんでした。

で、続きですが、SL冬の湿原号まで時間があったのでちょっと釧路貨物駅に行って来ました。

9時4分釧路発白糠行2574Dで隣の新富士駅へ移動、2574Dはキハ40-1766でした。

1766号機は前日、浦幌発滝川行2434Dに充当されているのを帯広駅で撮影したのですが、滝川へ行ったと思ったら翌朝には釧路に居るとは釧路のキハ40もハードワークですね~。

さて、新富士で下車、釧路貨物駅は新富士駅に隣接してます。と言うか同じ構内にあります。

_dsc5132

左には今朝到着した2095レ、右は到着したばかりの2091レ、どちらも札幌貨物(タ)発のカモレです。

_dsc5128

2095レの牽引機はクマ110号機、110号機は私にとっては何処に行っても良く会うクマです。

会わないクマは全然会わないのですが・・・

_dsc5138

2091レ、牽引機は赤スカクマ6号機

_dsc5137

2091レの最後尾には牛乳タンクが2個積載されてました。道東のカモレらしい積載コンテナです。

_dsc5140
UF16A-583 (株)丸和通運所有コンテナ

構内に1個だけクールコンテナが、あまり見かけないコンテナなので撮影してみました。

19分足らずの滞在時間で2575Dに乗り釧路に戻ります。2575Dはなんとキハ54-516が来ました。通常釧路以西にはキハ54は充当されないはずですが・・・

当日、花咲線厚岸~根室間が11時まで運休だったのでその影響かと

SL冬の湿原号は明日にでも

« 旭川から釧路へ | トップページ | SL冬の湿原号乗車 »

JR貨物・北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596655/61057468

この記事へのトラックバック一覧です: 釧路貨物駅へ:

« 旭川から釧路へ | トップページ | SL冬の湿原号乗車 »

LINK

無料ブログはココログ