2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 特急オホーツクサプライズ編成も撃沈 | トップページ | 釧路貨物駅へ »

2015年1月28日 (水)

旭川から釧路へ

続きです。

翌日24日は、旭川から釧路に向かいます。

実は前日の夜、11年ぶりに旭川在住の同級生と街に繰り出しまして、ホテルに戻ったのは0時過ぎ・・・

ちょっと前日飲んだものが残り、眠いこと・・・

しかし寝坊せずに6時に起床してホテルを出ます。

この前の記事で2429Dについてちょっと触れたので、またこの人2429Dに乗るのかと思われた方も居るでしょうが、今回は違います。
まぁ2429Dに乗ることは乗るのですがね。

旭川から乗車したのはこちら

_dsc5098
旭川発帯広行 725D キハ150-10+7 2015-01-24 旭川駅

この列車、富良野から快速狩勝となります。

今回は旭川から釧路まで快速、普通列車を乗り継いで向かいます。途中、釧路運輸車両所のキハ40をかなり撮影出来る行程なので、ホームページの素材撮影にも良いかと・・・

7時42分、そこそこの乗車率で旭川を発車、夏の観光シーズン中はかなり混み合う列車のようです。

発車すると前日の疲れで睡魔に襲われ、美瑛まではなんとか起きてましたが、その後撃沈

気付いたら富良野に到着するところでした。

富良野では28分停車、この間に旭川方キハ150-7を切り離します。

2番線には富良野発滝川行快速3426Dが停車していましたが、撮影済のキハ40-1778

_dsc5101
切り離されたキハ150-7 2015-01-24 富良野駅

こちらは折り返し9時55分発旭川行728Dとなります。

_dsc5099
単行となったキハ150-10 2015-01-24 富良野駅

ここから快速狩勝3427Dとなります。

そして、昨日滝川で見たあれが来るだろうと思っていたら、やっぱり来ました。

_dsc5104
滝川発富良野行 快速 3425D キハ40-777 2015-01-24 富良野駅

国鉄色の777号機です。このあと2429Dの富良野からの増結車両となります。

777号機とは後ほど再会するとして、このまま快速狩勝で新得に向かいます。

9時22分、富良野を発車して、山部で5分停車して池田発滝川行2428Dと交換します。

_dsc5106
当日は最高の天候でした。山部駅から撮影

2428Dはキハ40-1741、こちらも撮影済でガッカリ・・・

新得までの車窓は、2429D乗車記で何度も掲載しているので今回は割愛します。

新狩勝トンネル内の上落合信号所で何故か一旦停車、30秒ほど停車して運転再開、そしてトンネルを出て新狩勝信号所で釧路発滝川行快速狩勝3430Dと交換のため運転停車します。

現れた3430Dはキハ40-1755、こちらも撮影済車両
キハ40とは言え結構な速度で通過して行きました。

更に西新得信号所で釧路発札幌行特急スーパーおおぞら4号と交換して10時52分、新得に到着

終点帯広まで行かずここで下車します。

新得には留置中のキハ40が3両、そして新得発帯広行2527Dと帯広発滝川行2432D、計5両のキハ40が撮影出来るので未撮影車両が撮影出来るだろうと考えたのですが結果は・・・

留置車両はキハ40-757、1768、1723、2527Dは1754号機となんとこれだけ居てすべて撮影済の車両とは・・・

唯一2432Dが1779号機で未撮影車両でした。

_dsc5108
帯広発滝川行 2432D キハ40-1779 2015-01-24 新得駅

新得発帯広行2527Dで新得から帯広に向かいます。

新得発車時、乗客は私を含めて2名のみ、44分前に帯広行快速狩勝があるので少ないんだなぁ~などと思っていたら、十勝清水で部活帰りの高校生がドカンと、そして芽室でもドカンと乗車して立ち席が出るほどに・・・

ここで関心したのが十勝清水から乗車して座席に座っていた高校生が芽室到着時に一般客が大勢乗って来ると分かると一斉に座席を立ち、立っていた高校生は、車両前方から後方に移動して一般客に座席を譲り、乗車し易くしたのです。

道内あちこちで普通列車に乗車しましたが、こういう光景は初めて見ました。

12時34分、帯広に到着、1番線には帯広発釧路行2527Dが停車してましたが、キハ40-739で撮影済、しかし3番線に停車中の浦幌発滝川行2434Dがキハ40-1766で未撮影車両だったので撮影してお昼にすることに

帯広と言えば豚丼、駅構内のぶたはげで特盛を注文happy01

お腹を満たして帯広14時発池田行2549Dで池田に向かいます。2549Dも2両とも撮影済車両でした。

池田で下車するのは初めて、少し時間があるので駅周辺を散策

_dsc5116
駅舎横にはワイン樽とコルク抜きのオブジェがありました。

_dsc5118
駅裏には池田ワイン城があります。

_dsc5119
池田駅全景

池田からは2429Dで釧路に向かいます。結局最後は2429Dのお世話になるんですよね。

池田駅に現れたのは予想通りキハ40-1740+777の2両編成、迷うことなく777号機に乗車します。

_dsc5124
滝川発釧路行 2429D キハ40-1740+777 2015-01-24 浦幌駅

釧路まで途中ウトウトしながら18時3分、定刻で釧路に到着、疲れもありホテルに直行です。

翌日は川湯温泉延長運転のSL冬の湿原号に乗車します。
続きはまた明日にでも。

« 特急オホーツクサプライズ編成も撃沈 | トップページ | 釧路貨物駅へ »

鉄道・JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596655/61048775

この記事へのトラックバック一覧です: 旭川から釧路へ:

« 特急オホーツクサプライズ編成も撃沈 | トップページ | 釧路貨物駅へ »

LINK

無料ブログはココログ