2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 11月15日函館遠征 | トップページ | 11月16日、函館・五稜郭編 »

2014年11月28日 (金)

11月16日、渡島大野駅編

いつになった終わるんだろう?
と言うような感じになってますがもうすぐネタ切れです(汗)

16日は朝から函館駅でちょっと撮影したあと渡島大野駅に向かいました。

_dsc4816
函館発長万部行821D キハ40-1800

奥に見えるコンテナは821Dを退避している3082レです。

下りホームは仮設のホームになってました。

早速新函館北斗駅の見学です。
見学と言うか、工事用の塀があるのですが、手を伸ばしてカメラを塀の上に出して感でシャッターを押してみました(汗)

_dsc4818

まぁ新駅のホームは撮影出来たかと・・・

_dsc4819

地下通路を通り、地上に出ると目の前には
広~~~い何もない光景が・・・

一年後はどうなっているんでしょうね~

_dsc4822
新函館北斗駅正面

新駅の前もまだ舗装もされてなく工事真っ盛りです。

_dsc4824
左にあるのは駐車場でしょうか、その奥には木古内、新青森に延びる新幹線高架が

時間もあまりないので新駅も良いですが、新函館北斗駅が開業するとなくなってしまう渡島大野駅を

_dsc4828
渡島大野駅入り口

ここから地下に潜り、新幹線の下を通ってホームに向かいます。

_dsc4830
_dsc4831
突き当りを右に曲がり階段を上がると仮駅舎に出ます。

防犯カメラは設置されていると思いますが女性の一人歩きは怖いですね。

_dsc4834
渡島大野駅仮駅舎

_dsc4817

奥では新駅のホームが建設中です。
架線柱、架線は新駅手前まで設置されてますが、新駅構内はまだでした。

_dsc4837

この駅名標を撮影するのも最後かと・・・

_dsc4844

この木製電柱といい、街灯といい滅茶苦茶昭和ですよね~
凄く久々に見たと思います。
こんな光景見れる駅、北海道にまだあったとは

滞在時間27分で、9時11分発2840Dで函館に戻ります。

途中大中山駅で撮影とも考えたのですが、時間的にこれと言う列車も通過しないので真っ直ぐ函館に戻りました。

その途中、五稜郭機関区で目撃したのが前に書いた入換灯が点灯しているDF200-901号機の話です。

今回の旅行記も次回が最後となりそうです。
ではまた明日にでも・・・

« 11月15日函館遠征 | トップページ | 11月16日、函館・五稜郭編 »

鉄道・JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596655/60728516

この記事へのトラックバック一覧です: 11月16日、渡島大野駅編:

« 11月15日函館遠征 | トップページ | 11月16日、函館・五稜郭編 »

LINK

無料ブログはココログ