2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 1日散歩きっぷの旅・富浦でトワ撃沈 | トップページ | 1日散歩きっぷの旅・SLニセコ号倶知安駅 »

2014年10月26日 (日)

1日散歩きっぷの旅・東室蘭~長万部編

続きです。

鷲別で留置されている凸4両を横目に東室蘭に到着するとピカピカのキハ143-103+キハ143-153が留置されてました。

_dsc4332
_dsc4334
キハ143-103+キハ143-153

全検が26-10となってたので、全検明け直後のようです。

東室蘭にも苗穂のキハ40の姿がありました。

_dsc4343
東室蘭発室蘭行 4460D キハ40-1701(札トマ)+キハ40-1818(札ナホ)

いつもならキハ150-100番台の姿がたくさんある東室蘭ですが、昨日は1両しか確認出来ませんでした。
山線で貸し出されてるからでしょう。今回はその辺も調査していきます。

東室蘭から長万部行474Dに乗車、その前に北斗星が撮影出来るはずだったのですが、昨日は30分遅れで、474D発車直前に到着したため撮影出来ずでした。

所定はキハ150の2両編成、またはキハ150+キハ40の2両編成の474Dですが、こちらもキハ40-1790(札ナホ)+キハ40-1763(札トマ)の2両編成

これでキハ40-1816、1818、1790の苗穂車3両を苫小牧管内で確認です。

定刻で東室蘭を発車して、豊浦でキハ40-1763を切り離すため15分停車

_dsc4350
東室蘭発長万部行 474D キハ40-1790(札ナホ)+キハ40-1763(札トマ)

キハ40-1790も働き者ですね~
7月までは旭川~稚内間の臨時快速に入っていました。今年は稚内から長万部まで駆け回っています。

定刻で長万部に到着、長万部12時10分発小樽行2937Dに乗り換えます。
2937Dは所定キハ1501両ですが、昨日はキハ40-819+キハ150-14の2両編成でした。何故かはあとで分かりました。

ちょっと時間があるので駅撮りです。

_dsc4363
特急北斗5号 5005D

4号は増結なしの5両編成でしたが、こちらは1両増結の6両編成、キハ182-7550番代が4両となったことで、最近は6両編成も多くなって来ました。
増結出来るかは7550番代の増備が鍵になります。

最後尾はおでこの剥げ具合からキハ183-3565ですね。

留置線を見ると

_dsc4361
キハ150-106(左)、キハ150-108(右)

108号機には長万部-小樽のサボが入っているので、山線に貸し出し中の車両です。
撮影は出来なかったのですが、このあと小樽に着くまでに103号機ともう1両(何号機が失念してしまいました)の合計3両の100番代を確認しました。

少なくともキハ40苗穂車3両と苫小牧のキハ150-100番代3両がトレードされているようです。

2937Dに乗り換え、倶知安に向かいます。目的はもちろんSLニセコ号です。

_dsc4358
長万部発小樽行 2937D キハ40-819+キハ150-14

« 1日散歩きっぷの旅・富浦でトワ撃沈 | トップページ | 1日散歩きっぷの旅・SLニセコ号倶知安駅 »

鉄道・JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596655/60545891

この記事へのトラックバック一覧です: 1日散歩きっぷの旅・東室蘭~長万部編:

« 1日散歩きっぷの旅・富浦でトワ撃沈 | トップページ | 1日散歩きっぷの旅・SLニセコ号倶知安駅 »

LINK

無料ブログはココログ