2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 1日散歩きっぷの旅・東室蘭~長万部編 | トップページ | 旭山動物園号 »

2014年10月27日 (月)

1日散歩きっぷの旅・SLニセコ号倶知安駅

昨日の続きです。

長万部から2両編成の2937Dで一路倶知安へ向かいました。

倶知安到着はSLニセコ号が1番線に入換された頃で駅撮りにはちょうどいい時間かと・・・

で、何故通常単行の2937Dが2両編成なのか、蘭越からその理由が分かりました。

蘭越、ニセコとドンドン乗車が・・・

どうやら上りSLニセコ号の指定券は取れたけど、下り札幌行の指定券が取れず、2937Dで札幌に戻る人達がたくさん乗車するからのようです。

倶知安からもかなりの乗車がありました。

倶知安で下車すると、SLの煙が立ち込め、なんか懐かしい匂いがします。

_dsc4370


ホームには思ったほど同業者が居らず、意外とスムーズに撮影出来ました。

罵声なども聞こえず、皆さん譲りあって撮影されており良い感じでした。

_dsc4371


_dsc4391


_dsc4392

給水作業も終わり、機回しが始まるかと思ったらC11が後退して連結作業が始まりました。

おや・・・

_dsc4394

何故か連結完了~
通常は小樽方に連結されるはずなのですが・・・

そして、小樽方ではDE15-1520が解結

_dsc4399

解結される前に撮るべきでした。
原色機に旧客も釧網本線沿線で育った俺にとっては懐かしい姿です。
これにタキやワムなんかが連結され混合列車になっていれば完璧なのですが・・・
しかし、もう北海道にはタキすらないのですよね。

脱線しましたが、DE15は小樽方に引き上げ、2番線を通ってニセコ方からC11に連結

_dsc4408

なんか分からないけど札幌発車時と同じ姿になってしまいました。

この後、駅で休憩していると、同業者の方が駅員にこの件について訪ねており、聞くとC11のトラブルでDE15牽引で札幌に向かうと判明
ニセコでの機回しの関係で通常より5分ほど早く倶知安から回送されるとのこと

運転期間もあと僅かなので大事に至らなければいいのですが

_dsc4410
ニセコへの回送直前のSLニセコ号

回送を見送って、倶知安15時15分発の1939Dで小樽に向かいました。

沿線にはたくさんの同業者がSLニセコ号を待ち構えてましたが、DL先頭で現れたときはガッカリだったでしょうね~

« 1日散歩きっぷの旅・東室蘭~長万部編 | トップページ | 旭山動物園号 »

鉄道・JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596655/60554088

この記事へのトラックバック一覧です: 1日散歩きっぷの旅・SLニセコ号倶知安駅:

« 1日散歩きっぷの旅・東室蘭~長万部編 | トップページ | 旭山動物園号 »

LINK

無料ブログはココログ