2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 江差線廃止後の木古内駅 | トップページ | 9月9日、2429D乗車記(滝川~富良野) »

2014年9月19日 (金)

久々のハイデッカーグリーン車

またまた続きですが、函館の記事もこれが最後です。

木古内から函館に戻り、撮影再開

留置線を見ると昨日隠れていた車両が見えていたので、8番線へ

_dsc3914
7月まで臨時特急北斗に入っていたキハ183-218が居ました。
しばらくお役めなしでしょうか・・・

_dsc3916
キハ183-405
台車などが綺麗になってます。運用再開の伴い整備されたようです。
でも出番あるかなぁ~

一旦改札を出て、函館運輸所を近くの高架の下へ

昨日から撮影したかったキハ40-1811が留置されていて、動きそうもないのでこちらから出向くことに

_dsc3936
昼近くなってもDE10-1692が入換作業に奮闘しています。ちょうど789系を引き出して来ました。

_dsc3944
北斗4号で到着したN183系が引上げ線から車庫に向かいます。

高架に上がり目的のキハ40-1811も無理やりゲット

_dsc3947
キハ40-1799(左)、キハ40-1811(右)

_dsc3950
函館運輸所と函館山

ちょうど特急スーパー白鳥95号が到着、奥からは先ほど車庫に入った北斗4号の編成の札幌方2両をDE10-1692が引き出してます。

DE10-1692はこの2両を留置線に置いて、代わりに3両を持って車庫に向かいました。
多分特急北斗15号を6両編成で運転するためでしょう。

このあとは函館駅に戻って昼食、そして特急北斗9号で札幌に戻ります。

もう少し撮影したところですが、今回は復活した183系北斗に乗車したいので北斗9号にしました。このあとはスーパー北斗が2本続き、北斗15号では帰宅が遅くなるので・・・

特急北斗の最大の特徴と言えばハイデッカーグリーン車かと・・・

久々にハイデッカーならではの大きな窓からの車窓を堪能したくて追い金払ってグリーンにしました。

北斗9号は発車1時間も前に乗車出来るので駅構内は暑いし早々に乗車

_dsc3970

当日は札幌方からキハ183-4560+キハ182-2556+キロ182-2552+キハ182-7559+キハ183-3565の5両編成、指定席は満席でしたが増結はなし。
まだ増結出来るほど予備車がないのでしょうね~

_dsc3965
_dsc3966
キロ182-2552

_dsc3956
キロ182-2552の車内

久々のハイデッカー、やっぱりいいですsign03

窓上部までの曲面ガラスの大きな窓、高い目線、一時期日本一のグリーン車と言われたキロ282より絶対こっちの方が良いと思います。
振り子特急では絶対真似出来ないですからね。

定刻で函館を出発、五稜郭を出たところでハイデッカーの威力発揮です。
雑草で見難かった五稜郭機関区がハイデッカーのおかげで良く見えました。

構内には鷲別から移動してきたジュゴンも他のクマを連結されて留置されているのも確認、この前鷲別詣でに行った時、検修庫に入っていたクマ1号機も居ました。

EH800、ED79-50番台も良く見えます。

ほぼ満席のグリーン車だったので撮影は控えました。

赤錆たレールがたくさん並びガランとしたJX、鷲別機関区もあれだけクマが居たのにガランとしてこんなに広かったのかと・・・
そしてその中に凸4両だけが見えました。

ちょっと寂しさを感じながら札幌に到着し今回の函館遠征は終了しました。

さて、次回からはまたまた2429D乗車記です。
このブログのアクセス数も前回の2439D乗車記が上位と言うこともあって、8月30日ダイヤ改正後の2429D乗車記を書きたく乗車して来ました。
ちょっと残念な結果ではあったのですが・・・
詳しくは明日以降に・・・

« 江差線廃止後の木古内駅 | トップページ | 9月9日、2429D乗車記(滝川~富良野) »

鉄道・JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596655/60342668

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のハイデッカーグリーン車:

« 江差線廃止後の木古内駅 | トップページ | 9月9日、2429D乗車記(滝川~富良野) »

LINK

無料ブログはココログ