2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 滝川駅で駅撮り | トップページ | 2429D乗車記(2) »

2014年3月 9日 (日)

2429D乗車記(1)

楽しかった旅行から戻ると、そこには仕事という現実が待ってました。
水曜日から金曜日夜まで泊まり込みでの仕事となり更新が遅れました。

さて、滝川駅で駅撮りしたあとはいよいよ日本一運行時間が長い定期普通列車2429Dに乗車です。

2429Dは2回目の乗車となります。
今回は昨年11月ダイヤ改正で運行時間が8時間2分から8時間25分に延び、それに伴い途中駅での停車時間、列車交換駅などに変更があったのでどうなったのかを確認するために乗車しました。

昨年10月31日以前のダイヤとの変更点を中心に数回に分けて書いて行きたいと思います。

2429Dの発車する滝川駅1番線ですが、以前は2429D関連のポスターが2枚張ってあったのですが撤去されてます。
これは昨年8月の段階でなくなっているのを確認しています。
更に第2、4土曜日は国鉄色2両(滝川~富良野間は1両)での運行でしたが、これも現在は行われていません。

2429Dブームが去ったのか、それともJR北海道の一連の不祥事に伴うものなのかは不明です。

2429Dは滝川~富良野間はいつも混み合うので早めに1番線で入線を待ちます。
9時23分、スーパーカムイの遅れの影響でちょっと遅れて入線

_dsc1408
釧路までのロングランを担当するのはキハ40-757

_dsc1404
2429D専用サボ

_dsc1409

9時37分、定刻で根室本線の起点滝川駅をあとにします。

立ち客は居ませんが座席ほほぼ埋まってます。富良野まではそこそこの乗車率なので撮影は控えました。

滝川を出た列車は右にカーブして函館本線と別れます。

9時46分、最初の停車駅東滝川に停車、ここでは4分停車して上り快速列車富良野発滝川行3426Dと交換
以前は9時45分到着、5分停車でした。

赤平、芦別などで数人の乗降があり10時25分野花南に1分停車、池田発滝川行2428Dと交換 します。

10時32分、大滝トンネル(5,595m)に突入、続く島ノ下トンネルを9分掛けて通過し、10時49分、1分遅れで富良野到着

_dsc1422

富良野では18分停車して1両増結します。

富良野到着前の車内アナウンスでは後ろに1両増結しますと流れましたが、ホームに降りてみると先頭で連結準備をしていました。
以前は滝川方で待機していた増結車両が後ろに連結されたのですが、今回は新得方に増結車両が待機していて前に連結されました。
今回だけの現象なのかは不明です。

_dsc1415
新得方からキハ40-1755が進入

_dsc1416
連結されます。

_dsc1420
キハ40-1755+キハ40-757の2両編成となった2429D

_dsc1411
構内には富良野貨物を牽いてきたDF200-113が休憩中
113号機は明日再開することになります。

長くなったので今日はここまで、続きは明日以降に・・・ 

 

« 滝川駅で駅撮り | トップページ | 2429D乗車記(2) »

鉄道・JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596655/59261693

この記事へのトラックバック一覧です: 2429D乗車記(1):

« 滝川駅で駅撮り | トップページ | 2429D乗車記(2) »

LINK

無料ブログはココログ