2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 花咲線で根室へ | トップページ | 一路最北の地へ(1) »

2014年3月17日 (月)

SL冬の湿原号

なにかとドタバタしていて、気付けば乗車してからかなり経ってしまいましたが、道東旅行の最後はSL冬の湿原号です。

_dsc1572

昨年からSLはニセコ、函館クリスマスファンタジー号、そして今回のSL冬の湿原号と3回目です。

編成は前回の函館クリスマスファンタジー号と同じです。

_dsc1567

_dsc1578

_dsc1566

釧路駅2、3番線はホーム幅が結構あり、札幌や函館と違って撮影者も少なく撮影しやすかったです。

車内も空いていて私のボックスには誰も座りませんでした。
朝から何も食べていなかったのでおにぎりを食べながら出発を待ちます。

11時20分、定刻で釧路を発車、釧路川を渡ると対岸には15名もの撮影者が・・・

このあとも沿線には平日だというのに多数の撮影者が居ました。

東釧路を出てしばらくすると釧路湿原に入ります。

_dsc1582

この写真、実は丹頂が1羽飛んでるのですが見えないでしょうね~

釧路湿原、塘路と停車して茅沼で下車しました。
珍しく列車ではなく丹頂を撮影しようと下車しました。
丹頂の写真はこちらにアップしています。

_dsc1589

_dsc1592

湿原号を見送ります。
茅沼駅では丹頂鶴をビックリさせないよう発車の際、汽笛を鳴らさないようです。

丹頂を撮影したあとは川湯温泉行でSLを追っかけて標茶へ

_dsc1623_01
釧路発川湯温泉行 4730D キハ54-507

_dsc1639
標茶駅全景

_dsc1625

_dsc1640
駅待合室もSL一色でした。

_dsc1633
C11-171は折り返し運転の準備中

_dsc1647 

標茶に降り立ったのはちょうど26年ぶり、急行大雪から網走発釧路行始発列車で標茶に着き、標茶から標津線根室標津行普通列車に乗り換えたのが最後です。

廃止された標津線起点の碑がホームにありました。
右の3番線が標津線ホームでした。

帰りは旧客のスハシ44-1

_dsc1656

行きは14系だったのですが、SLはやっぱり旧客の方が良いですね。
乗り心地が14系とは全然違います。

_dsc1658
結氷して雪原にしか見えませんが塘路湖です。

_dsc1664
写真の中にエゾシカが4頭居るのですが見つけれるかな?

釧路に戻り今回の道東旅行は終了です。
釧路からはスーパーおおぞら10号で一気に札幌へ戻りました。

さて、青春18きっぷがあと3回使えます。
4月10日までにまた何処かへ行こうと計画中です。

« 花咲線で根室へ | トップページ | 一路最北の地へ(1) »

鉄道・JR北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/596655/59307820

この記事へのトラックバック一覧です: SL冬の湿原号:

« 花咲線で根室へ | トップページ | 一路最北の地へ(1) »

LINK

無料ブログはココログ