2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

千歳線で撮りまくり

一週間ぶりの更新です。

青森から戻って来た翌日から一週間の連続勤務・・・
今日は久々の休みで昨日から撮影に出掛けようと計画してました。

日の出も早くなり早朝から出掛けようと思ったのですが、本日のタキレ8771レ次位に薩摩芋が付くかもという情報が流れたので千歳線沿線はごった返すこと間違いなし。
先客が居た場合、諦めその場を後にする私としては早朝から出掛けても無意味なのでゆっくり出撃しました。
この時期、積雪で撮影出来る場所が限られるので同業者が居ない場所はなかったでしょう。

まずは北斗星と北広島に向かいますが到着するとレンタカーが1台、同業者2名、白大砲4本・・・
速やかに撤退・・・

移動して踏切を2か所回ると今朝撮影した足跡が残ってました。
やはりかなりの人数が8771レ目当てに待機したようです。

何処も強風が吹き付け長時間撮影には厳しい状況、おまけに私のレンズでは撮影は厳しい状況で撮影せず帰宅することにしました。

帰り際
待てよ最近西の里行ってないけど状況だけでも見ておこうと向かうと車の駐車場所も除雪されてました。
踏切まで行くと強風吹いておらずならばとここで撮影することに

何故かここは朝から誰も来てないようで足跡もありませんでした。

ちょっと雪山が邪魔ですが撮影開始です。

まずは

_dsc1174
2075レ DF200-51+コキ

この場所上り列車は6両が限界かと・・・
最後尾まで写せないのが残念

_dsc1185
スーパー北斗3号

_dsc1200
線路上はすっかり雪が融け春のようです。

_dsc1222
スーパーおおぞら4号

_dsc1268
2050レ DF200-58+コキ

_dsc1321
スーパーとかち6号
7両編成でやって来ました。

スーパー北斗、おおぞら、とかちと撮りましたが、当然ですが何度見ても最高速度110km/hになったスーパーおおぞらの速度が遅いですね。普通電車以下の速度だし・・・
北斗も余裕のあるエンジン音ですし・・・
とかちはまだ130km/h運転だけに速いです。

_dsc1364_01_2
2082レ DF200-105+コキ
期待はしてませんでしたがやっぱり熊でした。

そして本命

_dsc1373
8775レ DF200-103+タキ14両
タキ14両と短い編成でした。石油需要も少なくなってきたのかも知れません。

14時頃から気温が下がってきたようで手がかじかんできたんでこれにて帰宅しました。    

2014年2月21日 (金)

急行はまなすで札幌へ

続きです。

青森駅のホームに降り立ったのは過去2回あるのですが、乗換だけだったので改札を出たのは初めてです。

_dsc1135

ちょっと駅前を散策

_dsc1138

駅前からはちょうど東京駅行、上野駅行の高速夜行バスが出るところでした。
東京に上野行の高速バスがあるなんてなんか都会だなと・・・

_dsc1133
東京駅行高速バス

駅構内の店は21時40分で閉店してしまうのがちょっと残念です。はなますの発車が22時42分ですからもうちょっと営業していただけると助かるのですが・・・

幸い駅前にコンビニがあるのでここで飲み物、食料を調達して駅に戻りました。

_dsc1129

急行はまなすの入線時間は22時19分、少し早目にホームに出て入線を待ちます。
2、3番線には既に8名ほどでしょうかカメラを持って待機してました。
動画撮影される方が多いように感じます。

_dsc1140
DE10-1109に牽引されてはまなすが入線します。

当日は増結なしの7両編成でした。

_dsc1143
牽引機はED79-9

_dsc1147
_dsc1149_dsc1141

隣の4番線にはE751系A-102編成が停車中

_dsc1148

一通り撮影して今晩の寝床へ

2号車B寝台下段を取りました。寝台券を購入するときに2号車下段を指定、1号車は発電用ディーゼルエンジンがうるさいので避けました。

_dsc1153
_dsc1155

今晩の寝床です。
開放式B寝台は久々です。平成3年に乗った北斗星以来かと・・・
学生の頃は急行まりもで帰省する際よく利用しましたが

このブロックには私だけだったのでゆっくり寛げそうです。
2号車の乗車率は3割程度でしょうか
女性専用寝台は満席、その他は下段は6割、上段が乗車0でした。

はまなすは定刻で青森駅を発車、しばしビールを飲みながら寛ぎます。

蟹田に運転停車、ここで上野行カシオペアと交換します。
カシオペアは函館に向かう際に稀府で交換したので今日2回目の対面となります。

こちらに手を振る乗客や豪華な車内を羨ましく思いながらカシオペアを見を繰り寝ることにします。

早朝からの移動と寒い中での撮影で疲れたのか青函トンネルに入るのを待たずにすぐ寝てしまいました。

途中床下に氷の塊が激しく当たる音で2回ほど目を覚ましてしまいましたが、函館に着いたのも気付かず目覚めると札幌ビール庭園を通過するところでした。

どうやら定刻で走ってるようです。

新札幌を出て札幌機関区を見ると石北帰りの凸1165号機が休んでました。

6時7分、定刻で札幌到着

_dsc1158
函館からの牽引機は凸1093号機

_dsc1160

これで今回の旅は終了です。
目的だった函館運輸所のキハ40は新たに9両、789系、EH500も撮影出来ましたし、12月に乗車出来なかった急行はまなすに乗車出来たので満足です。

このあと帰宅しましたが、家に着いたのは7時
やはり夜行列車があると言うのは便利です。帰宅してから一日ゆっくり撮影した写真の整理やブログの更新が出来ます。
これで急行はなますがなければ青森で1泊して、帰宅するのは早くても16時半になってしまいます。
道内の旅行でも夜行列車がなくなったのは不便と感じますが、急行はまなすも北海道新幹線開業後はどうなるのか・・・

函館・青森へ(3)

昨日の続きです。

居酒屋でお腹を満たしてちょっとほろ酔いで函館駅に戻りました。

早めにホームに出て函館でのラストの撮影
函館運転所のキハ40をコンプリートすべく撮りまくります。

_dsc1105_01
函館発森行

夜になり昼間姿を見せなかった車両がどんどん現れます。
これ列車は痛かった、写真では2両しか見えませんが実際はキハ40-802+1815+1814の3両編成、すべて未撮影だったのですが、停車していたのが1番線、3両編成だとホームいっぱいで先頭の1814号機も撮影不能、1815号機は2号車なので手も足も出ません。

_dsc1119_01
函館発上磯行 キハ40-808+1801

検査から間もないのかきれいな車体でした。
函館のキハ40は上の802号機のようなクリーム色とこの808号機のような苗穂車などと同じ塗装の2種類が存在します。

これで函館での撮影は終了、スーパー白鳥98号で青森に向かいます。

_dsc1110_dsc1116

789系の普通車は12月に乗車済なので今回はグリーン車に乗車してみました。

_dsc1117
クロハ789-102グリーン車の車内

他の乗客が来ないうちに車内撮影をしたのですが、結局グリーン車は私一人、1号車指定席も乗客0名で1号車は私一人、貸し切りでした。

定刻で函館を発車しましたが、札苅で下り貨物列車と交換、貨物列車が遅れたため4分遅れで木古内到着となりました。

木古内を出て20時11分青函トンネルに突入
電車特急で青函トンネルを通過するのは平成3年以来です。そのときは確か特急はつかり10号だったような
そのころの最高速度は120km/h、今は140km/h、25分ほどで青函トンネルを抜け青森県に上陸

4分の遅れを引きずったまま青森駅に近付きます。
右手に青森車両センターが見えてきて、そこには初めて見るEF510-510(カシオペア塗装)、このあと乗車する急行はまなすが待機していました。

_dsc1121
青森駅4番線に到着した特急スーパー白鳥98号 HE-102+202編成

_dsc1122
隣の3番線には18時19分に函館を出た白鳥96号の回送車が停車中でした。

とりあえず今回は無事青森に到着出来て一安心です。
あとは急行はまなすで札幌に戻ります。
その模様はまた別記事で・・・ 

2014年2月20日 (木)

函館・青森へ(2)

続きです。

函館到着直ぐに撮影開始です。
全部載せると大変なことになってしまうのでダイジェストで・・・
今回新たに撮影した車両はホームページのJR北海道鉄道車両集にアップします。

_dsc1026
函館山を絡めて789系スーパー白鳥

函館駅での撮影をして五稜郭に移動

_dsc1038
EH500-20

金太郎など撮影して五稜郭駅近くの跨線橋に向かいました。

_dsc1040
上のEH500-20の発車シーンです。

この跨線橋までの道があまりにもツルツル路面でヒヤヒヤしながら来ました。粘って撮影したかったのですが冷たい強風が吹き付け寒いのなんのbearing
そうそうに撤収しました。
この跨線橋を渡ると函館市立病院があるせいか通行する人がとても多いです。撮影の際は通行の邪魔にならないように気を付けなければなりません。

函館駅に戻ってちょっと遅い昼食
函館塩ラーメンを堪能してホームに戻ります。

まずは臨時特急北斗91号

_dsc1061
先頭車はキハ183-219
前回は繁忙期でスラントが外されていましたが今回はスラントでしたhappy01

で、ここで面白いものが見れました。
それはこちら

_dsc1046
方向幕が回ってるときに撮ったわけではありません。特急とかちの幕を出して停車してました。
これに気付いて皆さん撮影してました。

発車前には誤りに気付いて特急北斗の幕になってました。

_dsc1081
DE10-1737

この左側に使用停止中の183系が留置されているのですが、それはまた次回にでも書きたいと思います。

_dsc1101_01
キハ40-1800+1797

17時まで色々と撮影して青森に向かう前にお腹を満たすため居酒屋へcoldsweats01

函館から青森、そして急行はなますはまた明日にでも書きたいと思います。 

   

函館・青森へ(1)

昨日、今日の連休を利用して函館・青森に行って来ました。
目的はホームページ用に函館運転所の車両の撮影と昨年のクリスマスに江差線信号機故障により乗車出来なかった急行はまなすに乗車することです。

本当は昨年11月のダイヤ改正で更に運行時間の延びた2429Dで釧路へ、翌日釧路~根室を往復、SL湿原号に乗車してスーパーおおぞらで帰って来ようと考えてましたが、暴風雪により断念しました。

昨日は新狩勝トンネルのトラブルで2429Dも1時間以上の遅延だったようなので、この判断は正解だったと思います。

しかし、函館に向かった私にも・・・

まずはスーパー北斗2号で一気に函館に向かいました。
普通列車を乗り継いで行こうかとも考えたのですが、この判断は正解だったとあとで分かることになります。

_dsc1024
昨年11月ダイヤ改正で283系から281系に変更されたスーパー特急北斗2号

当日は指定席は窓側が満席、今回もグリーン車を利用です。

入線をホームで待っていると手稲発滝川行127Mに711系S-114編成が、そして小樽発札幌行129Mの小樽方にはS-110編成が、更に手稲発苫小牧行2728Mには735系となかなかお目にかかれない列車がぞろぞろと

_dsc1020

今日はいいことあるかもと思いながら乗車しました。

定刻で札幌を発車、札幌機関区には石北帰りの凸が休憩してました。

そして上野幌で8771レとすれ違い
で、目を疑いましたが牽引機は熊Wでしたcoldsweats02

しかし、このサプライズの連続のあとに待っていたのは・・・

幌別辺りから速度が落ち始めます。
最近鷲別機関区に宇都宮から来たDE10×2と凸1184号機、東室蘭操車場には到着した熊122号機牽引の8770レを横目に見ながら東室蘭には4分遅れで到着

ここから回復運転かと思ったら稀府手前でトロトロ運転になりそして停車
車内放送で北舟岡~伊達紋別間の線路点検で徐行運転をしている影響だと・・・

運転を再開して稀府駅で再び停車、約20分停車して臨時寝台特急カシオペアと交換。

この時点で27分の遅れで運転再開です。

しかし、伊達紋別の手前から最徐行開始、そして伊達紋別直前の踏切には多数の保線作業員とテレビカメラも来てました。
あとで知りましたが線路破断だったようです。

この影響で室蘭本線の上下始発普通列車は2~3時間の遅れを出していたようで、普通列車で函館に向かった場合大変なことになってました。

伊達紋別通過時点で遅延は44分に広がり、回復運転で飛ばします。
遅れの影響で後続の特急北斗84号も遅延しているため、北斗84号の定刻より少し早いのですが洞爺に臨時停車して洞爺からの乗客を救済ました。

このあとも出せるところは徹底的に回復運転です。宇宙軒カーブには三脚が3本並んでました。

結局函館には40分遅れの11時11分到着

白鳥28号に乗り継ぐ方には影響が出ませんでしたが、五稜郭から122Dで江差に向かう予定だった方が3名乗車していて、こちらは函館から白鳥28号に乗車して、通常は接続しないのですが122Dは木古内で白鳥28号の到着を待っての発車という措置が取られました。この内2名がグリーン車に乗車していたのですが、廃止前の江差線乗車が目的でした。

函館到着後は撮影スタートです。
つづく・・・

2014年2月16日 (日)

8775レ

今日も千歳線に出掛けて来ました。

今日のターゲットは8775レ

12時半に昨日先客で撤収した有名ポイントに向かうと今日は誰も居ませんでした。

この段階ではちょっと風が強く小雪状態でした。

12時半から14時半まで撮影していたのですが全部アップすると大変なことになってしまうのでダイジェストで・・・

_dsc0931
快速エアポート123号 3883M 785系NE-1編成

14時頃には風が更に強くなり雪もちょっと激しくなってきました。

_dsc0994
快速エアポート137号 3893M

あれれ、快速エアポート137号の前に来るはずの臨時特急北斗87号が来ない・・・
エアポート137号の前に通過するはずなのですが遅れてるようです。
と言うことは8775レも美々駅で臨時特急北斗87号を退避するので遅れそうです。

続いてやって来たのは

_dsc1000
千歳発ほしみ行 1777M 735系A-102編成

そして約20分遅れでやって来ました。

_dsc1007
臨時特急北斗87号 9087D ニセコEXP

ちなみに撮影はしませんでしたが2082レは熊111号機でした。

次の快速エアポート141号も3分ほど遅れて通過してようやく本命が姿を現しました。

_dsc1012_dsc1018
8775レ DF200-3+タキ

贅沢を言えば凸凸のタキレを見てみたいですね。
夢のまた夢だろうなぁ~

今日の撮影はこれで終了です。 

2014年2月15日 (土)

カシオペアとトワイライト

インフルエンザから完全復活して今日は撮影に出掛けました。

とは言え今日は土曜日、撮影地は何処も混んでるだろうなぁ~と・・・
しかも土曜日は札幌行寝台特急3列車がすべて現れる日ですし・・・

ともあれ誰も居なそうな美々駅に向かいました。

到着するとやはり同業者の姿はなし、撮影準備に入ります。

昨日の本州での大雪で遅延しているだろうなとは思いましたが、JR北海道の運行情報では北斗星の1時間20分遅れだけでカシオペアとトワイライトエクスプレスの遅れは出ていません。30分以内の遅れはあるだろうと思いながらホームへ

まずは試し撮り

_dsc0902
苫小牧発札幌行 2747M 731系G-104編成

そして本命は約10分遅れで登場

_dsc0909_01
寝台特急カシオペア 8009レ DD51-1083+1042+E26系

続いてこちらも約10分遅れ

_dsc0920
寝台特急トワイライトエクスプレス 8001レ DD51-1140+?+24系

このあと北広島に移動して色々撮りながら遅れている北斗星を撮るつもりでしたが、北広島の有名ポイントには先客が2名居たので諦めて帰宅しました。   

2014年2月13日 (木)

キハ183系使用停止車両

JR北海道では昨年7月6日に発生した特急北斗14号出火事故に伴い、原因が判明するまでキハ183系気動車の一部を使用停止としています。

このキハ183系気動車なんですが、北海道に住んでる鉄道ファンでさえ分かりにくい車両なんですよね~
私だけでしょうか?

基本番台に通称N183系、そしてNN183系と増備され、更に特急北斗用、サロベツ用、お座敷車両などに改造された車両もあり複雑なんです。
今更ですが使用停止となってる車両をリストアップしてみました。

昨年出火したのは特急北斗用に改造され、最高速度130km/h運転が可能な2550番台でした。
よって、2550番台と同じ水平対向12気筒エンジン搭載車がすべて使用停止となってます。

使用停止車両

苗穂運転所所属車(8両)
キハ183-503、504
キハ182-501、502、503、512
キハ183-6001(お座敷車両)
キハ182-6001(お座敷車両)

函館運転所所属車(28両)
キハ183-405、406
キハ182-404、405、406、413
キハ182-507、508、509、510、511
キハ182-2551、2553、2554、2555、2556、2557、2558、2559、2560、2561、2562
キロ182-504、505
キロ182-2551、2552、2553

Dsc004571
キハ183系3550番台と2550番台で組成された特急北斗
平成24年7月23日撮影

上記以外のキハ183系気動車は6気筒エンジン搭載車で問題なしなんですが、使用出来るのに使用出来ない車両も存在します。

それがキハ183系3550番台、上の写真の先頭車両です。

3550番台は130km/h運転対応改造を受けた車両なんですが、この改造により130km/h運転対応車両以外のキハ183系との混結がブレーキ圧などの違いがあり不可能です。
つまり使用停止中の2550番台以外と組成することが不可能
よって3550番台の使用不能となっています。

120・130km/h対応の4550番台とは組成出来ますが、先頭車だけの編成になってしまいます。

3550番台は函館運転所にキハ183-3563、3564、3565、3566の4両が在籍しており、これを入れると合計40両のキハ183系が使用不能ということになります。

_dsc0656
函館運転所に留置中に使用停止車両群
平成25年12月25日撮影

出火原因は未だ解明されていないようで、復帰はあるのか微妙な感じです。
上の写真の車両も長期に渡る留置で車体は錆つきかなり汚れています。

_dsc0657
汚れが目立つキロ182-504

個人的にはキロ182-500、2550番台のハイデッカーグリーン車はよく利用しましたし好きな車両なんで早い復活を望んでいます。

2014年2月12日 (水)

本来の姿の石北貨物

この記事は先週書く予定だったのですがインフルエンザに罹ってしまい今日になってしまいました。

さて、3日の北見駅には熊が鎮座していたので、翌日、札幌に戻る前に凸を撮影するため再び北見駅に

到着がちょっと遅れてしまい、到着したとき網走発留辺蘂行4656Dが目の前を通過、そしてすぐ貨物線への入れ替え作業が開始されてしまい入れ替えは撮影出来ませんでした。

網走方にはDD51-1150、遠軽方はDD51-1089

_dsc0897

やっぱり熊よりこの姿の方がしっくりきますねhappy01
この時期になるとほとんどが白コンになります。

_dsc0895
DD51-1150

何故か今シーズンは私が北見に来ると1089、1150、1165のローテーションなんですよね~
これは昨年8月の運行開始と同じローテーション

1162号機には何故か会えません。そして今シーズンは何故1152号機が入らないのか???

2014年2月 5日 (水)

北見に熊が・・・

31日から昨日まで帰省のため北見に行ってました。

期間中なかなか石北貨物を撮影に行けなかったのですが、3日に北見駅に向かうとそこには・・・

目に飛び込んで来たのは

巨大な熊!!!!!!

ひょっとしたら期間中試験運転があるかもとは思いましたが現実になりました。

_dsc0885
DF200-11+コキ+DF200-122

この光景を初めて見ましたが見慣れた熊とは言え、北見に熊が居るとかなりの違和感です。

_dsc0887

今シーズンこれが最後の試験運転になるようですが、来シーズンはこの光景が当たり前になるのかなぁ~think

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

LINK

無料ブログはココログ