バスタックル

2017年4月22日 (土)

ワームの重量って(その1)

何気なく使ってるワームですがその重量ってどのくらいあるのかな?ってことで精密はかりを購入して量ってみました。

今回はOSPドライブスティック4.5”編です。

まずはノーマルのドライブスティック4.5”

Dscn0222

重量は

Dscn0216

8.3g

続いてドライブスティックSPEC2 4.5”

Dscn0221


Dscn0217

こちらは7.4gとノーマルより0.9g軽い。

そして一番重たいドライブスティックFAT4.5”

Dscn0220

Dscn0218

OSPの製品情報では約11.3gとのことですが11.7gありました。

最後はドライブスティックSPEC2ノンソルトモデル

Dscn0224

Dscn0223_2

結果は7.3gとノーマルのSPEC2と0.1gの差しかありません。
ノンソルトなのでもう少し軽いのかと思ってました。

また暇を見て色々なOSP、Daiwaワームを測ってみます。
参考になれば幸いです。

2017年4月21日 (金)

STEEZ SV TW購入

先月STEEZ A TWを購入しましたが、今月とうとうSTEEZ SV TWも買ってしまいましたcoldsweats01

これまでSS SVを使っていたのですが、皆さんが感じいるようにどうにもあの急ブレーキが気に入らない・・・
そして小さなスタードラグ、どうしてこんなに高いのにおもちゃみたいなリールなんだろうと不満だらけでして・・・

今年、スプールBBを純正セラミックBBに交換しましたが、確かにこれによって初速は速くなったように感じてました。しかし、後半急激にブレーキが効くのは変わりなく、ストラクチャーをピンで打って行くわけでなく、オープンウォーターで遠投する自分の釣りにはちょっと使い難い。

更に釣行後、ドラグを緩めて保管するのですが、釣行の度に小さな回し難いスタードラグを力いっぱい締めなければなりません。

巻き心地もおもちゃみたいですしね。

そこで何に買い替えようと考えたのですが、STEEZ A TWでSTEEZの良さを知ってしまったものですからSTEEZ SV TWとなったわけで・・・

今回購入したのはこちら

Dscn0192
STEEZ SV TW 1016SV-SH

開封していきます。

Dscn0194

STEEZ A TWには付属されてなかったリールカバーが付いてます。

Dscn0200
Dscn0203
Dscn0205

コンパクトでパーミングもしやすく良い感じです。

不満と言えば80mmハンドルでなく90mmハンドルにして欲しいですね。
これは多分Mr.STTEZ、並木氏のこだわりなのではないかと思いますが・・・

STEEZ A TWとSV TWを比較してみます。

Dscn0207

大きさの違いが判るでしょうか?

SV TWも今月4日の釣行からブラックレーベル+6101MFBとの組み合わせで使用しているので、近いうちに簡単なインプレを書きたいと思います。

2017年4月20日 (木)

STEEZ A TWインプレ

先月購入したDaiwa STEEZ A TWの簡単なインプレを書きたいと思います。

Dscn0172

最近の琵琶湖釣行で2日間使用してみました。

このリールは三又ヘビキャロで使用しています。

タックルは

Reel:Daiwa STEEZ A TW
Rod:Daiwa ブラックレーベル+7011HR
LINE:Daiwa モンスターブレイブZ 14lb 約110m

これに14cmのヘビキャロワイヤー、シンカーは28g、リーダー約60cmを付けました。

第一投目、いきなりバックラッシュは怖いのでマグブレーキ10からスタート、ブレーキが強すぎる感じ・・・

徐々にブレーキを落として結局2で少しラインが膨らみ出したので3がベストのようです。
私のキャスティングがもう少し上手ければ2でも行けるでしょう。

慣れて来てフルキャストした感じメチャ飛びます。
キャスト後、スプールを見ると半分ちょっと残っている感じなので60mは飛んでると思います。

キャストすると、この辺りからブレーキが効き出して失速するかなぁ~と思ったらそこからぐんぐん伸びて行きます。
ジリオン TW SVも同じような感じですが、STEEZの方が更に伸びていく感じです。

今のところ向かい風でもバックラッシュしそうな感じはまったくありません。

巻き心地は今所有しているジリオン TW SVなどとはまったく違います。ヌメヌメっとした感じと言うか言葉では表現し難いですが、私的には好きな巻き心地です。

ゼロアジャスターですが、購入時の設定だとまったくスプールにガタがない状態だったので、少しだけ緩めました。説明書には最適な設定で出荷しているとありますが、ちょっと調整した方が良さそうです。

アルミフレームと言うことで、重量をのある三又ヘビキャロのフルキャストでも安心感もあり良い買い物だったと思ってます。

2017年3月23日 (木)

Daiwa NEKOストレート5.8

月曜日に釣具店に行ったのですが、店内に入るとすぐのところにブレーバーと並んでDaiwaのNEKOストレート5.8インチがありました。

これ待ってたんですよね~
メーカー発表では発売は4月となってましたが、発売が早まったようです。

ストレートワームはこれまでOSPのドライブクローラー4.5インチ、5.5インチ、それとDaiwaのNEKOストレート5インチを使ってました。

他のメーカーは個人的に好きでないので使ってません。

ドライブクローラーは先日書いた通り、マテリアルの耐久性がないので×、去年1年使った感じ、NEKOストレートの方がかなり耐久性もあり、シェイクしても動きがロッドに伝わって来るし、マテリアルが硬めで好きなワームです。

しかし、サイズが5インチの上が6.5インチと離れすぎているのでその中間の5.8インチが出るというので待ってたんですよね~

今回は5色しか店頭になかったのですが、好きなカラーがその中にあったので3色買って来ました。

Dscn0191

上からパープルギル、サマークロー、霞ジンゴローム

Dscn0190

10本入りで¥600(税別)とコスパも良い感じです。

こちらも次回の琵琶湖釣行で使ってみたいと思います。

2017年3月22日 (水)

BUTTOMUP ブレーバー5.7

3月に入り新製品が続々発売されてますね。

先々週だったか釣具店でBUTTOMUPと書いてあるパッケージのワームを見たのですが、なんだこれくらいでよく見もしなかったのですが、調べてみると川村光太郎氏が立ち上げた新しいブランドと判明

5.7インチというサイズもあって気になるので買ってみました。

まだ、全色出荷されていないのか釣具店でも5色ほどしかありませんでした。欲しいカラーを買うのに2店回って買えた感じです。

なんとなくOSPルアーのように手に入り難いルアーになるような気がします。ちなみにネット通販も調べましたがすでに全色売り切れという所もありました。

今回試しに買ったのこちら

Dscn0188

上:DOZEU、左:K.O.シュリンプ、右:スモーキンベイツ

8本入り¥750(税別)とはドライブクローラーより¥20安いとはいえちょっと高いですね。

ドライブクローラーは素材の耐久性があまりにも良くないので今年から買ってません。今の在庫がなくなったら使用することはないでしょう。
耐久性を犠牲にしても小刻みは繊細なアクションを取ったのでしょうが、私的には好きではありません。

ではもブレーバーはどうなのか次回の釣行で使ってみたいと思います。見た感じは、5.7インチにしてはボディーが細いなぁ~と・・・

ちょっと不安を感じます。

2017年3月11日 (土)

Daiwa STEEZ A TW購入

今年は琵琶湖で三又キャロやってみたいなぁ~と思っていたのですが、なんせ転勤族なもので今年の転勤がないと分かるまで待ってました。

そしてないと分かるやタックルの調達です。

1ozシンカーキャスト出来るロッドということでDaiwa ブラックレーベル+7011HRBを購入

そしてリールなのですが、フロロ14~16lbを100m以上巻けて遠投しやすいリール、Daiwa党なので条件としてはジリオン TW HLCしかない・・・

しかしこのリール215gとちょっと重いような・・・などと思っていたらSTEEZ A TWなるものが発売されるとな

ジリオンより7,000円ほど高いようですが、STEEZの方が良いに決まってるよねと発売を待ってました。

そして昨日帰宅してネット通販をチェックすると即納可能というショップがあるではないですか

どうやら入荷が始まったようです。

と言うことで今日は朝一で釣具店へ、いつも行ってる釣具店にも入荷してましたhappy01

どうやら初回は、1016Hと1016SH、右ハンドルだけのようです。

Dscn0166

早速開封

Dscn0168

今回購入したのは1016SH、ギヤ比7.1のハイギヤモデルです。

Dscn0170
Dscn0171
Dscn0172

ジリオン SV TWより5g軽い190gですが、コンパクトなボディで5g以上軽く感じます。巻き心地もジリオンとは比べ物にならないくらい滑らかです。ジリオンと比較するのが間違ってますね。

組み合わせるロッドはこちら

Dscn0175
ブラックレーベル+7011HRB

Dscn0176
Dscn0178
STEEZ A TW 1016SH+ブラックレーベル+7011HRB

この組み合わせで次回の琵琶湖釣行から実践投入します。

2017年2月12日 (日)

ワームカラー

先週釣具店に行った時、目に留まり珍しく釣り雑誌を購入して来ました。

購入したのはこちら

Dscn0160

バスルアーのカラーについての特集です。

以前、有名プロが動画の中で「ルアーのカラーなんて関係ない、釣具メーカーに騙されているだけ、だだし、チャートとブラックこの2色だけは違いがある」てなことをコメントされていたのですが、自分自身、長く釣りをしていてカラーで釣果変わるよなぁ~とこの発言には否定的でした。他のプロでそんなこと言う人居ませんしね。

だた、自分の経験はほとんどがトラウトでの話、バスは違うのかなぁ~と疑問に思っていたので、この表紙を見た瞬間購入したのです。

この雑誌の冒頭で少なくとも人間よりバスの色覚はカラフルであると推察しています。

やっぱりそうだようね~ってのが感想ですが、チャート系とブラック系に関しては冒頭のプロのコメントと同意見です。

濁りは強い時はまずチャート系かブラック系のどちらかを使います。

確かにメーカーからはやたらと沢山のカラーが発売されてます(特にワーム)。かなり近い色のワームでもブルーフレークだったりコパーフレークだったりちょっとした違いを付けたりしてますよね。この程度の違いなら釣果に影響ないようにも思えます。

先月末から今年使うワームを揃え出してほぼ揃ったところなのですが、昨年は色んなカラーを購入してしまい、結局よく使うカラーとまったく使わないカラーが出てしまったので、今年はカラーを絞り込みました。

リールのメンテナンス、BB交換、ルアー、新品ラインも揃え準備万端、あとは釣りに行くだけなんですが、今年の2月は寒いですよね~、しかも滋賀は大雪、3月になってもなかなか水温が上がらずスポーニングシーズンが遅くなるのではないかと心配しています。

2017年2月 5日 (日)

SS AIRオーバーホール終了、ドレスアップキット装着

先月SLPWにオーバーホールに出したSS AIRが戻って来ました。

釣具店からSLPWに発送されたのが1月10日、釣具店から戻って来た連絡があったのが2月2日、1か月以上掛かるかもと言われてましたが思ったより早く戻って来ました。

Dscn0132

診断の結果、スプールベアリングからの異音ありと言うことで、スプールベアリング1個を交換、手数料3,000円、部品代1,300円、税込4,644円でした。

さて、戻って来たので早速先月購入してあったSSドレスアップキットステージⅠを装着ですhappy01

ドレスアップキットは生産終了しているので不要かも知れませんが、取り付けの流れを簡単に書きたいと思います。

用意した工具等はこちら

Dscn0134

フロントカバーから交換していきます。
まずプレート、スプールを取り外します。

Dscn0135


Dscn0136
上の写真の中央よりちょっと上にあるフロントカバーSCを取り外します。

Dscn0137

フロントカバーSCを取り外すと簡単にフロントカバーを取り外せます。

Dscn0138

ドレスアップキットのフロントカバーを取り付け、外した逆順に組み込めばフロントカバーの取り付けは終了です。

Dscn0140

フロントカバーがブラックになるだけでかなり印象が変わります。

続いてメカニカルブレーキノブの交換とエンジンプレートカバーを取り付けます。

Dscn0142

ハンドル、スタードラグ、メカニカルブレーキノブを取り外します。

メカニカルブレーキノブから交換していきます。

Dscn0143
左が既存のノブ、右がドレスアップキットの新しいノブです。

写真を取り忘れたのですが、既存ノブからメカニカルブレーキW(銅板)とメカニカルブレーキW(ゴム製)を取り外して、キットのノブに移植してください。

Dscn0144

キット付属のグリスを綿棒等に取り、ノブの内側、クリック部にたっぷり塗ります。
塗り終わったらノブを取り付けます。

Dscn0145

次にエンジンプレートカバーを取り付けます。
ここからは先月書いたジリオンSV TWのエンジンプレートカバー取り付けと同じです。

Dscn0148
エンジンプレートカバー(表)

Dscn0149
エンジンプレートカバー(裏)

エンジンプレートカバーを取り付ける部分をキット付属の脱脂剤を綿棒に付けて2回脱脂します。

脱脂剤が乾いたら、エンジンプレートカバー裏面の台紙を剥がして、切り欠きに合わせて取り付けて指先か爪で圧着します。

あとはスタードラグ、ハンドル等を取り付け、元に戻せば終了です。

Dscn0153

Dscn0157
ドレスアップキットステージⅠ装着後のSS AIR 8.1R

なかなか格好良くなりましたhappy01
最初からこのカラーで販売してくれませんかね~
フロントカバーのシルバーがどうも不評のようですしね。

このリールを持って琵琶湖に向かうのもあと1か月くらいですかね~

2017年1月24日 (火)

ボールベアリング交換

リールいじりはまだ続きますcoldsweats01

エンジンプレートカバーに続いて、ジリオン SV TWのボールベアリング(以下BB)をSLPWセラミックBB交換しました。

用意した工具類のはこちら

Dscn0107
左からSLPWセラミックBBキット、SLPWスプールBBリムーバーⅡ、ピンセット

まず、サイドプレートとスプールを取り外します。

Dscn0111

スプールのBBから交換します。

スプールBBリムーバーの平らな面を使ってスプールシャフトピンを押し出します。

Dscn0113

スプールシャフトまで押し出したら、ピンが付いてる面に変更してスプールシャフトピンを押し出します。

Dscn0116

スプールシャフトピンが外れたらBBを取り出します。

Dscn0117

ジリオンSV TWはカラーに組付けてあるタイプなので、カラーからBBを取り外します。

Dscn0118

ピンセットを使用してリテーナーを取り外し、BBをカラーから取り出します。

Dscn0120
左からカラー、BB、リテーナー

新しいBBをカラーに組込みんでリテーナーを取り付け、リムーバーの平らな面を使用してスプールシャフトピンを取り付けます。

スプールシャフトピンは左右対称の長さになるように調整します。

Dscn0125
交換後のBBとスプールシャフトピン

続いてサイドカバーのBBを交換します。

リテーナーを取り外し、ピンセットでBBを取り出します。

Dscn0126


Dscn0127
BBを取り外したところ

新しいBBに交換してリテーナーを取り付けます。

Dscn0130


あとは交換したBBにオイルを一滴注油して、スプール、サイドプレートを元に戻せば作業終了。

Dscn0131

BB交換も3台とも実施しました。
今回セラミックBBを3個しか調達出来なかったのでジリオンだけ行いましたが、あと1個調達してSS SVも交換する予定です。

2017年1月23日 (月)

ジリオンSV TWエンジンプレートカバー装着

SS AIRのドレスアップキットに続き、ジリオンSV TWにエンジンプレートカバーを装着してみました。

釣りにも行ってないので最近はリールいじりばかりですcoldsweats01

購入したのはこちら

Dscn0041
SLPW ジリオンSV TW エンジンプレートカバー

所有しているジリオンSV TW 5.5、6.3、7.3に合わせてブラック、ゴールド、レッドの3種類を購入

各2,500円ですが、これもドレスアップキット同様、ちょっと高いような・・・

それでも買ってしまう賢くない消費者です(笑)

Dscn0070
ジリオン TW SV 左から1016SV、1016SV-H、1016SV-SH

Dscn0050

エンジンプレート部分、ここが安っぽいというか、ちゃっちく見えるんですよね~

さて、装着していきます。

必要な工具等はこちら

Dscn0080
左からSLPW ジリオンSV TW エンジンプレートカバー、スパナ(10mm)、ピンセット、マイナスドライバー

まず、ハンドル、スタードラグ等を取り外します。

Dscn0087
ハンドル、スタードラグ等を取り外し状態

取り外したら、付属の脱脂剤と綿棒を用意します。

Dscn0089

Dscn0092

エンジンプレートカバーを取り付ける場所を脱脂剤を綿棒に付けて脱脂します。脱脂は念のため2回行い、脱脂剤が乾くのを待ちます。

Dscn0098
Dscn0095
エンジンプレートカバー

3か所の接着テープで固定するようになってます。
ピンセットでテープを剥がして、切り欠きに合わせて装着します。やり直しが出来ないので注意です。

Dscn0099
エンジンプレートカバーを装着したところ

あとはハンドル、スタードラグ等を元に戻して完成

Dscn0102
Dscn0103


Dscn0106

なかんか良い感じになりましたhappy01

ちなみのSLPからメカニカルブレーキノブも発売されていますが、これは標準の方が使い易そうなので購入しませんでした。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ

LINK