« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

北海道釣行準備

9月の北海道釣行を書くのがすっかり遅くなってしまいました。

網走方面の鮭シーズンも終わりを迎えたこの時期に書くのもなんですが・・・
まぁ~その方が良いのかも知れません。
なんせ、ネット情報で釣り場が激混みになり釣り場が荒れるもんで・・・

さて、9月に入り、いきなりの台風21号
我が家も二晩停電となり、鮭の準備も出来ずでしたが、復電してからようやく準備に入りました。

まず、準備したのは仕掛け
今年も昨年と同じですがこのようなものを準備して浮きルアー仕掛けを作成

Dscn0639

daiwaのアキアジフロート、35g用のMと40g用のLサイズ
リーダーにはdaiwaモアザンリーダー、ナイロンとフロロの30lb
ウキ止めはバス用のハードシンカーロックを使用

これらで今回は2種類の長さの仕掛けを作成(長さは内緒)

ナイロンバージョンとフロロバージョンで12本ほど作って仕掛けは準備完了

そして昨年に続き、今年もリールを購入

Dscn0641_2

またまたセルテート、昨年は3000でしたが今年は

Dscn0642

ハイギヤの3012H

昨年まで使っていた旧モデルのセルテート3012Hをオーバーホールに出そうと思ったら、スプールエッジに傷、そしてギヤもゴリゴリ感が半端ない状態でして、スプールにメインギヤまで交換するとなると新しいセルテート買った方が良いよねということで16セルテート3012Hを購入しました。

デッドスローリトリーブの釣りであるウキルアーならノーマルギヤの3000で良いのですが、海アメ、海サクラでも将来的使うとなるとハイギヤが必要となるので3012Hにしたのです。

そして、運よく北海道出発の前日9月20日に関空~女満別便が運航再開、JRも関空までの運行が再開して、9月21日にいつもののように関空から北海道へ

Dscn0643


Dscn0644

搭乗前に関空連絡橋を見ると、橋げたが撤去された様子が・・・

釣行結果は次回思いっきり簡単に書きます。

2018年10月28日 (日)

ボウズ2連荘の琵琶湖釣行

今日は琵琶湖へ行く予定だったが、昨日遅くまで休日出勤していたので中止となってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ

ということで、今日は10月14日と21日の釣行結果を書こうと思うのですが、タイトルの通りで特に書くことが・・・(・_・;)

14日は朝から北山田へ

Dscn0673

何をやっても反応なく木浜へ移動rvcardash

Dscn0674
Dscn0676

しかし、ここでも反応なく、15時半で終了~

21日を同じパターンで北山田、木浜と回るもまったくダメsign03

2連荘でノーバイト、ノーフィッシュ

ここに来て放水量は15トンと激減したのと、ターンオーバーで水がかなり悪い状態です。
水温も20℃を切って19℃ほどになってきました。

21日に話した方も最近まったく釣れないと・・・
豆バスとギルは反応するのですがとのこと

厳しい時期に入ったようです。

今日はバスではなく鴨の写真で誤魔化しますcoldsweats01

Dscn0672

2018年10月16日 (火)

10月12日琵琶湖釣行

8日に続いて12日に琵琶湖へ行って来ました。

今回は有休を取って平日釣行

ですが、前日の天気予報は西~北西の風やや強く・・・(・_・;)

やや強くと言うことは琵琶湖は爆風

草津市の予報は3~4mの風ですから、琵琶湖は2倍の6~8mと見て間違いないでしょう

しかし、有休も取ったので爆風覚悟で行って来ました。

向かう途中、瀬田川沿いを北上しているとやや強くところか爆風sign03

やっぱりかと思いながら北山田へ直行

5時30分、釣り開始

北西風でキャストし難いですがブレイドジグ、テキサスで探るも反応なし、ヘビキャロで探るも沈黙・・・

次第に風が強くなりヘビキャロでもラインが激しくふけて移動を決意

少し南に移動して、同じく北山田の南側駐車場へ

ここは風裏になるようでかなりマシな感じ

で、隣でノーシンカーをキャストしていた方が40cm後半と思われるバスをキャッチ

意外と岸よりに居るようで、私もネコリグ、ライトテキサスで探るも反応なく、少しづつ北側へ移動しながら探って行くも反応なくヘビキャロで沖を攻めます。

が、やっぱり反応なく、DAIWA ネコストレート5インチに1.8gシンカーのネコリグに変えた1投目いきなりヒットsign03

Dscn0669

キャッチしたのは42cm

痩せた魚体で重量はあまりありませんでした。
このあとすぐ、豆が1匹ヒットするもその後はまったく当たらず15時に終了

周りも全然釣れておらず寂しい感じの北山田でした。

折角の平日釣行だったのに残念な爆風&釣果でした。

2018年10月13日 (土)

琵琶湖釣行後半戦初戦

10月8日、ようやく琵琶湖へ行って来ました。
6日~8日までの3連休だったので、本当は6日と8日釣行を予定していたのですが、またまたやって来た台風で8日のみの釣行に・・・

後半戦初戦と言うことで、気合が入ります。

5時30分、例によって北山田に入りました。

Dscn0663

いつものように岸近くをブレイドジグでサーチするも反応なし、続いて5gシンカーのテキサスリグ、ワームはOSPのドライブビーバー3インチ

ギルバイトが2回あっただけでこちらも反応なし・・・think

いつもならヘビキャロのアングラーが多数集まる場所ですが、何故かこの日は誰もおらず、ライトリグに巻物の方ばかりでしたが、だ~~れもヒットしていません。

ならばとヘビキャロにチェンジsign03
ワームはOSPドライブクロー3インチ

が、ヘビキャロでもまったく当たらないsign01

そうなれば粘るだけとここから移動せず粘り続けることに

7時の水温は22度と先週より上がってますし、22度ならバスも快適だと思うのですが・・・

そして粘ること8時間(アホか)、13時30分にようやく待望の当たりがsign03

着底から引きずり出してすぐに引っ手繰られ走り出しだ元気なバスがこちら

Dscn0665


かなりコンディションの良いバスでした。

で、ランディングしてからスケールを忘れたことに気づきましたthink

なので、上唇をロッドエンドに合わせて撮影、帰って来てからロッドの長さを測ったところ約ですが47cmでした。

このあと豆が1匹、そしてまたまた長い沈黙が続き、約47cmのバスから3時間30分が過ぎた17時過ぎ、ステイさせているとゴゴンと

Dscn0667

こちらも事後検証の結果、約45cmのバス
このバスも太っていてコンディションの良いバスでした。

このあと18時10分まで粘るも反応なく終了sign01

後半戦初戦は12時間40分粘って、約47cm、約45cmに豆の3匹でした。

本当はもう少し釣れるのではないかと思っていたのですがね~
秋の北山田、あまりバス入っていないのかも知れません。
数は出ませんが当たれば良いコンディションのバスに会えそうな感じです。

タックル
ヘビキャロ
Rod:Daiwa ブラックレーベル+7011HRB
Reel:Daiwa STEEZ A TW 1016XH
LINE:Daiwa  モンスターブレイブZ 14lb
ルアー:OSP  ドライブクロー3インチ(マジックゴビー、ゴーストシュリンプ)
フック:FINA オフセットフック 1/0
シンカー:1oz

2018年10月 4日 (木)

7月北海道釣行

もう2か月も前の話になるが7月の北海道釣行の結果を・・・

今年7月の道東地方は低温と雨続きで川も増水し入渓出来たのは7月1日の山女魚解禁直後だけだったようです。

しかし、今年は私の仕事の都合で例年より10日ほど遅い26日に北海道入り
丁度天候も回復し、増水も収まったベストなタイミングとなりました。

例年通りに北海道入りしていたら期間中、実家に籠ることになるところでした。

7月15日から関西空港から女満別空港への直行便が運航されているので乗り換えもなく、約2時間のフライトで移動出来ます。

Dscn0592

そして翌27日から釣行へ

まずは期待を裏切らない鉄板のポイントに入りウェットフライを流してみたのですが、20~30cmのニジマスにアメマスが遊んでくれましたhappy01

やはりこのポイントは毎年魚影が濃いと思いながら細かく探ると大型がヒットsign03

時期的にまだ奴(サクラマス)が居るよな~と思いながらやり取り

手前まで寄せて来て魚体を見るとなんとニジマスsign03
しかもデカイ、50cmあるような・・・

一気に慎重なやり取りに

なんとかネットインしたのは51cmのニジマス

Dscn0612

50UPのニジマス釣ったのは何年、いや何十年振りだろうか
記憶に残る限り学生時代に西別川で釣った50cm以来のような気がする

北見在住の弟が足繁く通って50cmUPを狙っていたポイントでフラッと現れた私が釣ってしまいましたcoldsweats01

翌日以降も毎日のように釣り三昧、しかし、私が北海道入りしてから暑い毎日、初日も33℃超える暑さで13時過ぎにギブアップ

仕舞には36℃超えcoldsweats02
大阪と大して変わらない暑さの中、川幅が広くなりポイントもガラリと変わった川を歩いて調査

Dscn0618

ここもかなり浅くなりました。
山女魚がよく釣れるポイントだったのですが・・・

そして、昨年と同じくハッチ、ライズがまったく見られない
川底の変化のせいか水生昆虫も激減しているような気がします。

Dscn0624

結局8月3日の最終釣行までライズもないのでドライフライの釣りせず、ウェットだけで釣りましたが、40cmちょっと前くらいのアメマスが数匹、あとは山女魚、20~30cmのアメマス、ニジマスと遊んでもらいました。

初日に51cmのニジマスが出たので大満足の北海道釣行でした。
あとは弟に任せたいと思います。

2018年10月 2日 (火)

琵琶湖釣行5~6月

今更ながらですが、書けなかった今年5~6月の琵琶湖釣行結果です。

5月は週末になると悪天候、強風でほとんど釣りに行けず、ようやく行けたのは5月27日、6月は6月17日までほぼ毎週末琵琶湖に立ってました。

入った場所は北山田、1回だけ木浜に・・・

釣果はヘビキャロでボウズはなし、サイズ的には30~45cm多数、50cmアップは2本、6月17日に前半戦最大の58cm

Dscn0575
5月27日 50cm

Dscn0585
6月9日 44cn

Dscn0589
6月17日 58cm 3,350g

4月まではOSP HPシャッドテール3.1でのヘビキャロで釣果があったのですが、6月に入ってからはクロー系ワームの方が当たりが多かったように思います。

周りもシャッド系ワームばかりだったのでスレていたのかも知れません。

ちなみに58cmはOSPドライブクロー3インチ ゴーストシュリンプでの釣果です。

さて後半戦はどうなることやら・・・
今週末から頑張ってみます。

2018年10月 1日 (月)

台風24号

先月の台風21号と同等かそれ以上の勢力の台風24号がまたまた関西へ向かって来た。

関西空港発女満別行、今期最終便ANA1795便は運行されたが、私が搭乗予定であった折り返しのANA1796便はやはり欠航

関西空港が11時で閉鎖されたためだ

JRも11時には運行終了と1日前倒しで帰阪して正解でした。

台風21号の経験から今回は厳戒態勢の関西地方
私も台風に備え、29日に買い出しに行ったのだが、なんと、29日16時の段階で2Lのミネラルウォーター、パンが売り切れ、カップラーメンが少し残っているだけという状況・・・happy02

皆さん前回の経験が生きているようです。

さて、今回はどんな暴風雨になるのだろうと思っていたのですが、夕方から徐々に風がが強まり、来るかと思ったら、暴風域に入っても風の音も大したことなく、窓に雨風が叩きつけるようなこともなく過ぎ去ってしまいましたcoldsweats01

台風の中心が和歌山県に上陸したため、台風の中心から右になる大阪は酷い暴風雨にならずに済んだようです。

でも、また兵庫県に上陸していたらと思うとゾッとしますね。

もう台風はいらないなぁ~と思っていたら台風25号が発生したようで・・・typhoon

こっちにには来て欲しくないなぁ~
琵琶湖に早く行きたいですしねfish

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ウェブページ